初詣就職成就国家資格の職業仕事

国家資格の職業仕事2

初詣就職成就 職業と仕事

初詣就職成就国家資格の職業仕事2

初詣就職成就 社会保険労務士

社会保険労務士とは?
社会保険労務士は、労働・社会保険業務のスペシャリスト。社会保険には、健康保険、国民年金、厚生年金等様々な種類のものがあるが、その仕組みはきわめて複雑で、関係法規も労働基準法、健康 保険法など50種類にものぼる。
このため、自ら働く中小企業主は、労働・社会保険の申請など、様 々の届け出や手続きを専門家に 頼むほうが便利。そこで社会保険労務士が、企業主に代わって、労働基準監督署や社会保険事務所な ど諸官署に提出する申請書など関係法令で定められている約300種類以上ある複雑な書類を作成し 、提出手続きを代行したり、社会保険に関する相談、指導を行う。また、保険料や給与の計算等を行う。
社会保険労務士になるには?
社会保険労務士試験に合格することが必要。受験資格がある主なものは、
  1. 高等専門学校、短大、一部の専門学校の卒業者が大学の一般教養科目修了者
  2. 公務員で行政事務に3年以上従事した者
  3. 会社や労働組合などで、労働社会保険諸法令の業務に3年以上従事した者と同等の知識、能力があると認められた者など。

初詣就職成就 行政書士

行政書士 とは?
個人や法人などの依頼を受けて、官公署に提出する書類、その他権利義務、または事実証明に関す る書類を作成し、提出手続きを代理するのが仕事。業務は、依頼された通りの書類作成を行ういわゆる代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続きの業務へと徐々に移行している。
行政書士になるには?
行政書士の資格が必要。資格を取得するには行政書士国家試験に合格後、各都道府県に設けられている行政書士会を経由して日本行政書士会連合会への登録の申請をし、行政書士名簿に登録して、各都道府県の行政書士会に入会することが必要。受験資格は不問。弁護士、弁理士、公認会計士、税理士の資格がある者は登録のみで行政書士となれる。また、国または地方公共団体の公務員として通算20年以上(高卒以上の場合は17年以上)行政事務に従事した者は無試験で資格が得られる。

初詣就職成就 税理士

税理士とは?
税理士は、「税務の専門家」「中小企業の経営コンサルタント」として納税者である個人や企業と 税務当局との間に立って、正しい納税の手助けをすることを主要業務としており、申告納税制度の円 滑な運営を図る上で、重要で責任の重い役割を果たしている。
税理士の仕事は?
税理士の仕事は、税金の申告・申請・不服申し立てなどについて代理を行うこと、税務署に提出する書類を作成すること、税務相談をすることが主なものだが、会計帳簿の記帳など財務・会計に関する事務を行うこともできる。
また、顧問先の会社や個人の代理人として税務調査に立ち会うこともある。
こうした仕事は税理士の独占業務である。
会計の仕事は、税務を正しく行うための前提となるもので、元帳の記帳、計算書類の作成、決算などを手がける他、会計関係の指導や相談も含まれる。
また、顧客に中小企業が多いことから、納税や会計の仕事に加えて、経営の問題や、さらには財産の運用や管理など、顧客の私事にわたることまで、相談、指導を求められる


初詣就職成就国家資格の職業仕事TOPに戻る